インタビューへ!

こんばんは!最近体調を崩しがちな中の人です。

急に寒くなりましたね。これから木管には酷な季節ですが、体調も楽器もケアしつつ頑張りましょう!


さて、前回の代奏ソリスト入りリハーサルから一夜明け、先週日曜日にはVnソリストの井阪さんに、昨日の水曜日はClの東さんにインタビューしてきました。

井阪さんには中の人とフルートの間嶋さん(diversのスタッフの1人であり、木管セクションリーダー)の2人で色々とお聞きしましたが、当初の予定を大幅にオーバーし、ご自宅にお邪魔して更に続き。楽器や進路を選んだ変遷、帰国を決めた理由、聴きに行った演奏会の思い出、プロコフィエフへの思いなどなど、とにかくお話が面白くて気付けば4時間、中の人は終電ギリギリ!文字起こしのために聞き返しても笑ってしまいます。

東さんには中の人、間嶋さんに加えて松永さんの4人で、対談形式。学校生活、PACやケルンの思い出、ニールセンを選んだ理由など、特に自身の分水嶺に関わった方への尊敬の念を非常に持たれていた印象でした。


(中の人の感覚ですが)対極的なお二人ですが、音楽への情熱やアーティストとしての矜持をひしひしと感じられました。

特に「ご自身にとって、〇〇(楽器)とは何ですか?」という最後の質問は非常に難しいと分かりつつも聞いたのですが、インタビューや質問を通じて過去の自分を振り返り、その軌跡から未来の自分を見ていたような気がします。

お二人のサイン入りフライヤー。当日に飾る予定です。


直向きに音楽と向き合い、アーティストとして今に殉じる姿勢。

その姿に、楽器を手に取った自分自身を投影し、そして今の自分を見出すようなインタビューとなりました。

この3連休は練習や演奏会も行きますが、文字起こしに時間を費やす事になりそうです。

現在鋭意文字起こし中ですが、早くお届けできるよう頑張ります!


演奏会も多く、行楽日和でもあります。紅葉もラストチャンスかな。

皆さま、素敵な3連休を!

diversEnsembleウェブサイト

Welcome to diversEnsemble official site. SINCE 1st July 2017