指揮者 / 音楽監督 - 松永 健司郎

松永 健司郎 Kenjiro Matsunaga(Conductor / Music Director)

東京農工大学農学部卒業。 10歳よりトランペット、ピアノ、篠笛を始める。

1994年 東京都立戸山高校ブラスバンド部にて指揮デビュー、

1998年 ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」でオーケストラ指揮デビュー。

その後職務都合で関西へと活動の場を移し、2007年 関西指揮デビュー。

レパートリーは多岐にわたるが、2015年に交響曲第5番を指揮したことを契機にヴォーン・ウィリアムズの音楽に傾倒、 自ら音楽監督・指揮を務める、オオサカ パストラル シンフォニー オーケストラ【通称:O-PaS(オーパス)】を立ち上げ、 2017年に「ロンドン交響曲」初稿版を日本初演、2018年末には「田園交響曲」を取り上げる。

プロ演奏家の伴奏経験も豊富で、当団第1回演奏会(吉松隆/ピアノ協奏曲「メモ・フローラ」および、J.S.バッハ/オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調)での好サポートは記憶に新しい。 

これまでに、オーケストラ・アンサンブル・フォルツァ、カルベローナ聖バーバラ管弦楽団、管弦楽団グランドノヴァ、スピリトーソ・コンチェルタンテと共演。このほかにも関東・関西の数々のアマチュアオケで、練習指揮としてもキャリアを重ねてきた。

2012年には蓼科にて、指揮マスタークラスに参加。永峰大輔氏の薫陶を受ける。 

トランペットを服部孝也氏、ピアノを田中純氏、篠笛を根岸重雄氏に師事。

diversEnsembleウェブサイト

Welcome to diversEnsemble official site. SINCE 1st July 2017