diversEnsemble Secretariat

記事一覧(35)

Concert #2 終演

こんにちは!中の人です。遅くなり申し訳ありませんでしたが、題名の通り、先週、無事に第2回演奏会が終演しました。ご来場頂いた皆様、参加頂いた皆様を始め、全ての関係者の方々に、この場を借りて深く御礼申し上げます。プロとアマチュアの垣根を超え、同じ「アーティスト」として、各々の掲げる挑戦と超克が展開された今回の演奏会、如何だったでしょうか。個々に思うところはあると思うのですが、リハーサルの段階から相手の意志を汲み、同時に自身の意志を投げ掛ける音楽的会話が、立ち会っていて非常に来るモノがありました。AIによる活動がアート・クリエイティブの領域にも適応されつつある現代において、今に生きる「アーティスト」だからこそなし得る音楽、そしてユーザーエクスペリエンスだったと思います。だからこそ人の琴線に触れ、共感を呼び起こし、未来を動かすのだと信じています。演奏会は一区切りではありますが、今回出演頂いたソリスト・コンミスたる彼女たちの音楽家としての歩みと挑戦はこれからも続きます。そして各々の出演者にとっても、これから新たな音楽やエクスペリエンスを生み出すための挑戦も然りです。そのためにも、(前回もそうなのですが)ソリストや出演者の方々が出られる演奏会・リサイタルにも足をお運び頂き、今に生きるアーティストのこれからを見届けて頂きたいと強く願っております。また、同時に今回得られたモノを持って自らも新しいエクスペリエンスを創造していきますので、来たるべき時期、または他の場所でも、どうぞよろしくお願い致します。

いよいよ明日!

こんばんは!俄かに緊張が来ている中の人です。とうとう、明日となりました。そこで思い出したのは、去年の2/17、#1が終演し、打ち上げを終えてお店を出た時に見た夜景と出演者の表情。その時は「やっと終わった」という安堵と、「次はどうしようかな」という思いが個人的に交錯していました。実は打ち上げ後に「やってる事は面白いけど、自分のしたい曲とかをもっと主張しても良いと思うよ」と言われたり、終演後にエゴサーチや統計を取ってみても曲珍しさでウケたような感じが垣間見えたりして、「本当にこの路線は正しかったのか」とやや不安定でした。その時に脳裏を過ぎったのは、オーケストラ・プリモの8回目の演奏会を聴きに行った際、そのパンフレット前書きで、「テーゼとアンチテーゼを繰り返し、その中から新たなものは産まれる」という永峰大輔さん(指揮者・同オケ音楽監督)の言葉でした。「気心知れたアマチュア同士が好きな曲を演奏して楽しむ」というのがテーゼならば、「アマチュアとプロが垣根を超え、音楽を通したユーザーエクスペリエンスをソリスト、オーケストラ、観客で創造し共有する」というのは、間違いなくアンチテーゼじゃないかと。さらには#1が始まる前からプロの方より興味を持って頂くのみならずブッキング依頼があったり、何より今回キャスティングできた井阪さん、東さんのお二人とも今回のお話を(僕が直接ではないものの)させて頂いた時に非常に前向きで、Interviewsやリハーサルでもひしひしと感じられたアーティストとしての矜持や今に殉じる姿勢も相俟って、「今を生きるアーティストに光を当てる」考えに間違いはなかったという確信も得られました。プロとアマチュアの垣根はもとより、願わくば奏者とスタッフ、観客の境界すら超えた「今に生きるアーティスト」同士としてのセッションや、そこから創造される音楽的なユーザーエクスペリエンス、そして演奏会の"その先"は、他にはないものができると自負しています。何よりソリストのお二人、そしてコンミスの久津那さんは本当に素晴らしい!こればかりはどれだけ言葉で書いても無力です。先週の月曜は最終リハーサルでしたが、ランスルーにおける3人には畏怖さえ覚えました。ですが間違いなく本番ではそれを軽く凌駕し、今までにないユーザーエクスペリエンスが得られるとも確信しています。ソリスト、指揮者、ゲストコンミス、客演奏者、オーケストラのメンバー、スタッフ、ブレーン、クリエイティブ、そして観客の方々…diversEnsemble に関わる多彩な"アーティスト"が立場を超えて、現代に生きるアーティストたらしめんとするために。Create all-time experience with muse, and you.それでは明日の14時、舞台にてお会いしましょう。

インタビューへ!

こんばんは!最近体調を崩しがちな中の人です。急に寒くなりましたね。これから木管には酷な季節ですが、体調も楽器もケアしつつ頑張りましょう!さて、前回の代奏ソリスト入りリハーサルから一夜明け、先週日曜日にはVnソリストの井阪さんに、昨日の水曜日はClの東さんにインタビューしてきました。井阪さんには中の人とフルートの間嶋さん(diversのスタッフの1人であり、木管セクションリーダー)の2人で色々とお聞きしましたが、当初の予定を大幅にオーバーし、ご自宅にお邪魔して更に続き。楽器や進路を選んだ変遷、帰国を決めた理由、聴きに行った演奏会の思い出、プロコフィエフへの思いなどなど、とにかくお話が面白くて気付けば4時間、中の人は終電ギリギリ!文字起こしのために聞き返しても笑ってしまいます。東さんには中の人、間嶋さんに加えて松永さんの4人で、対談形式。学校生活、PACやケルンの思い出、ニールセンを選んだ理由など、特に自身の分水嶺に関わった方への尊敬の念を非常に持たれていた印象でした。(中の人の感覚ですが)対極的なお二人ですが、音楽への情熱やアーティストとしての矜持をひしひしと感じられました。特に「ご自身にとって、〇〇(楽器)とは何ですか?」という最後の質問は非常に難しいと分かりつつも聞いたのですが、インタビューや質問を通じて過去の自分を振り返り、その軌跡から未来の自分を見ていたような気がします。

全曲確定!

こんばんは!明後日が健康診断で、不摂生が祟ってないか不安な中の人です。気休めとはいえこの2週間は節制していたのですが、実は昨日に仲良くさせて頂いている某アーティストの方や松永さん達と会食がございまして、その節制もあんまり意味を成さなくなりました(苦笑)。ただ、その際にdiversの事もちょくちょく話したり、尊敬するとある方に関する情報を聞いちゃって未来予想図を勝手に描いてみたりと、非常に楽しかったので良しとします。(まだ始まってもいない第2回を差し置いて未来に目を向け過ぎていましたw)まぁ悪い結果が出たら出たで戒めます・・・。さてさて、Twitterでは速報しましたが、ついに次回演奏会の曲目が全部確定しました!♪ E. シャブリエ:田園組曲より「1. 牧歌」「2. 村の踊り」♪ C.ニールセン:クラリネット協奏曲 Op. 57  ClSolo:東 紗衣(Sae, Higashi)♪ M. グリンカ:幻想的ワルツ♪ S.プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番 ト短調 Op. 63 VnSolo: 井阪 美恵(Mie, Isaka)今回は協奏曲と、それに繋がる各々の曲を選んだ4曲構成。指揮者の松永さん、そしてdiversとしても渾身の選曲。シャブリエでは牧歌的な雰囲気を、グリンカでは優雅なロシアンワルツの萌芽を感じて頂けると思います。また、今月末より奏者の募集を開始します!現代に生きる若き演奏家、もといアーティストの生き様を共に創りたい方、是非にご応募ください!!

ソリスト - 東 紗衣(Cl)

Photo:©Ayane Shindo東 紗衣 Sae Higashi(Clarinet)兵庫県出身。12歳よりクラリネットを始める。兵庫県立西宮高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科を経て同大学院音楽研究科修士課程修了。在学中、モーニングコンサートのソリストに推薦され、藝大フィルハーモニアとコープランドのクラリネット協奏曲を協演。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。2015年渡独、ドイツ・ケルン音楽大学にてRalph Manno教授の元で研鑽を積み、2017年、最優秀の成績で卒業。第12回メルカダンテ国際コンクール(イタリア)第3位。第6回ヤングクラリネッティストコンクール第3位。第23回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門入選。公益財団法人青山財団より2014年度青山音楽賞・新人賞受賞。2016年ケルン市ライオンズクラブより奨学金を受ける。2018年日本演奏家連盟主催 新進演奏家育成プロジェクトオーケストラシリーズのソリストに推薦され、日本センチュリー交響楽団とモーツアルトのクラリネット協奏曲を協演。また2013年から2015年シーズンまで佐渡裕氏が芸術監督を務める兵庫芸術文化センター管弦楽団にコアメンバーとして在籍し、国内外の著名な指揮者、ソリストたちと共演した。公式ウェブサイト www.saehigashi.com 

ソリスト - 井阪 美恵(Vn)

井阪 美恵 Mie Isaka(Violin)京都生まれ。桐朋女子高校音楽科卒業。在学中、桐朋学園オーケストラのフォアシュピーラーや首席ヴィオラ奏者を務める。桐朋学園大学在学中に渡仏し、2010年パリ国立地方音楽院(CNR de Paris)最高課程を卒業。2010年より5年半に亘りピエール・アモイヤル氏のもとで研鑽を積む。2011年には同氏とブラームスの弦楽六重奏を共演。2012年スイス・ローザンヌ高等音楽院学士課程ヴァイオリン科を満場一致の最高点を得て首席で卒業。リサイタル試験での演奏が評価され、同音楽院よりエクセレント・リサイタル賞を受賞。その後、国立ザルツブルク・モーツァルテウム大学大学院で学び、在学中はモーツァルテウム管弦楽団の客演奏者としても活動。2016年に同大学修士課程を満場一致の最優秀で修了。 2008年ヴァトロ=ランパルコンクール(パリ)にて第1位及び審査員特別賞を受賞。第21回ブラームス国際音楽コンクール(オーストリア)室内楽部門、第3回トルン国際ヴァイオリンコンクール(ポーランド)セミファイナリスト。フランス、スイスを中心に、数多くの演奏会やフェスティバルに出演。これまでにヴァイオリンを故・田中千香士、石井志都子、フレデリック・ラロック、ジェラール・プーレ、ピエール・アモイヤルの各氏に、室内楽をヴァンサン・コック、パトリック・ジュネ、レオナルド・ロチェックの各氏に、古楽奏法をヒロ・クロサキ氏に師事。  ​2016年に完全帰国し、『ブラームス ヴァイオリンソナタ全曲演奏会』などのリサイタル、いずみシンフォニエッタ大阪のメンバーとして『ウィーン・ムジークフェスト2017 Vol.3』に出演するなど、オーケストラ、室内楽、ソロなど、年間80回を超えるコンサートに出演する傍ら、後進の指導にも力を注ぐ。京都フランス音楽アカデミー公式通訳。日本クラシック音楽コンクール審査員。ウェブサイト:www.mieisaka.com